抗金屬材料:物聯網時代のまた一つのしゃぁんぼぉぼ

既読 0  ·  掲載開始日時 2017-08-17 11:46:20  ·  guanliyuan

 抗金属ソリューションは、具体的には、物聯網業界に対して、RFIDアプリケーション ニーズに合わせた設計されています、これは柔軟性の高い高性能電磁波吸波材料です。駿材磁業会社は物流管理に向けて、倉庫管理、携帯決済アプリケーションのさまざまな特性のために、RFIDの応用方案を制定されています。
   RFIDの物流管理システムでは、普通の RFID ラベルが金属環境干渉のため、信号減衰多くの場合、役割は再生されません。したがって、反妨害と反信号の減衰です、特に重要なことです、駿材磁業の
 抗金属材料 /方案はプログラムに対してこの研究開発を実施します。駿材磁業は 抗金属ラベルとしてはRFIDアプリケーションシステムの重要の一部です、金属環境干渉のため、信号減衰多くの場合についてのコントロール出来るし、正常的にRFIDの使用を保護出来ます。 

   近年では、物聯網の興起を始めた RFID 原理によって、発展した携帯決済 (NFC) を大発展してきます、でも、携帯のNFCアンテナがセンサの検知と識別の距離の上、また苦しんだなどさまざまな金属(例:金属カバー、電池等) の環境問題であります。駿材磁業はNFCアンテナについて、関連の製品もあります—— 抗金属材、それはNFCのアンテナ信号に効果的に弱まるために金属を弱めることができたり、識別距離と検出感度を強化するできます。
   抗金属シートを使っているところも多いです、例:RFIDシステム中の無線周波のリーダー部分、その内部に存在した各金属読み書きアンテナに信号の減少を同様に引き起こすことができたり、読み書き感受性および読み書き間隔の低下に影響を与えます。因って、無線周波の読み書きの内部に抗金属シートを必要です。 

   抗金属シートは磁気吸波材料で作っているものです、だから、電磁波に対して強く吸収と通電の役割を持っています。RFIDの業界では、磁波の伝導特性を大幅に金属電磁波の RFID アンテナ信号減衰を削減しています。しかし電磁波の吸収の特徴へのそれは、電磁波雑多なニュースの抑制の範囲に非常に広まった適用がある、電気波の暗室で、家用電器、無線電設備及び軍事分野でのアプリケーションの非常に広い範囲を持っています。
    この吸波材の範囲は消費電子、車電子、軍事等業界で非常に広まった適用がある。駿材磁業では、吸波材料の応用の方面で様々 な分野の研究開発を対応する。 

   抗金属シートは RFIDの需要が増加すると、この応用業界はますます広かっていきます、市場となる幅広いされる。同時、 抗金属材料徐々にRFIDシステムの中に不可欠なコンポーネントになった、,物聯網時代のまた一つのしゃぁんぼぉぼになります。