产品介绍

焼結/鋳造アルニコ

既読 3  ·  掲載開始日時 2017-10-24 11:03:00

アルニコ磁石はアルミニウム、ニッケル、コバルト、鉄、銅、チタンが主成分で、加工工程によって鋳造または焼結で製造される金属磁石です;鋳造型アルニコは焼結型アルニコより磁性能もっと高い、ただし焼結型アルニコ磁性の均一性が優れますアルニコ材料のレベルはコバルトの含有量によって決めます 0%(AlNiCo3)から40%(AlNiCo8)までの範囲です各等方性レベルの磁石(AlNiCo2、3、4)の磁性能は

タグ
详细信息

アルニコ磁石はアルミニウム、ニッケル、コバルト、鉄、銅、チタンが主成分で、加工工程によって鋳造または焼結で製造される金属磁石です;

鋳造型アルニコは焼結型アルニコより磁性能もっと高い、ただし焼結型アルニコ磁性の均一性が優れますアルニコ材料のレベルはコバルトの含有量によって決めます 0%(AlNiCo3)から40%(AlNiCo8)までの範囲です

各等方性レベルの磁石(AlNiCo2、3、4)の磁性能は異方性レベルの磁石(AlNiCo5、6、8、9)より低いです

各異方性の磁石の配向は熱処理中で完成させました指定している磁場中でコントロールできるのレートは2000°F(1093℃)から冷却して常温までです


性 質:

アルニコの保磁力が低い、リバース磁場、磁性材料の衝撃また接触すると減磁されやすいです

だから 置くと包装アルニコ時お互いに磁極相反の方向にするべきです;

オーペン回路の磁気回路中でアルニコの長さと直径の比率は4:1です4:1以下になれば減磁の恐れがあります;アルニコは耐食性がよくて表面コーティングの必要がありません;

アルニコは最低のBrリバーシブル温度係数が備える(―0.02%/℃)温度の安定性が優れます最高の使用温度は400℃になります。


応用領域:

アルニコ新開発の応用領域:温度センサーのホール素子と自動車用の電子センサー;

伝統的な応用領域:マグネトロン、TWTルーペ、コンディショナー、モーター、計器;

稀土永久磁石がいろんな領域でアルニコに取って代わりました。


データをダウンロードする